合宿免許についての考察

###Site Name###

合宿免許について述べていきます。

自動車の免許は合宿免許で取るべきです。

まず費用が安いです。

通いに比べて、半額以下の場所もあります。


また合宿免許は集中して技能、つまり車の運転の講義があるので、通いで免許を取る場合に比べて早く免許を取ることができます。


また合宿場での共同生活になるために、友達もできやすいです。

通いの場合はほとんど友達は出来ず、ただ通っているという状態になりやすいです。



合宿免許の場合は、地元ではないことが多いです。
例えば、自然に囲まれた山の中や、海の近くなどです。
都会に住んでいる人間にとっては、都会の喧噪から離れてリラックスすることができます。ほとんどの人が免許は大学在学中に取ります。

また、一回生や二回生のときにとることが多いでしょう。

一回生や二回生の時は、授業が多く入っているために、なかなか時間を取ることができません。

夏休みや春休みを利用して、合宿免許を取ることが多いでしょう。

この夏休み、春休みの期間が曲者なのです。
夏休み、春休みはやはり多くの人が免許を取りにきます。

もちろん、学生だけではありません。

社会人の方も免許を取りにきます。すると、学科の方は問題ないのですが、技能、車の運転が予約で一杯ということはよくあることなのです。


すると学科は進んでいても、技能が進んでいないので、路上教習に出ることはできない、という事態が起きてしまいます。



しかし合宿免許ではこのようなことはありません。

二週間なら二週間という時間しかないために、とにかく集中して車の運転を行うことができます。


また毎日のように車の運転ができるために、車の運転を忘れるということはありえません。

通いの場合は大学や仕事等の都合があり、一週間空いたり、ひどいときでは二週間空いたりすることも珍しくありません。
しかし合宿免許ではこのようなことはありません。また合宿免許では食事付きのところも多くあります。


一人暮らしの若者にとってはありがたいことです。



自動車の免許は合宿で取るべきです。